2017 11月

  • Tochigi未来カフェ  1月通常会

    Tochigi未来カフェ初!ディベートをやります!
    【テーマ】 栃木県の福祉、介護、医療を考える
    【参加費】 1000円
    【開場】 18時30分(受付18時40分)
    【開始】 19時
    【終了】 21時30分

    4年目となる今回、講演会形式ではなく、私達、鈴木、秋田、鯉沼、佐藤、川田、小林のこれまでの学びをみんなで共有し、Tochigi未来カフェの新たな発信の場とします。

    テーマは、
    【栃木県の福祉、介護、医療を考える】それをディベートにて深めていきます。

    ディベート(debate)とは

    あるお題について異なる立場に分かれ議論すること。討論(会)とも呼ばれています。

    今までは、講師の方にお話いただき、それについて参加者の皆様で5~6人のグループに分かれて、ワールドカフェという形式をとってきました。公平に意見を交わす場として非常に有効でしたよね!

    今回は敢えて、新たな学び方にチャレンジします!

    今回のイベントリーダーは小林が務めさせていただくのですが、私が経験したことのあるディベートでの学びをメンバーに還元したいという想いから構想や準備を進めています。

    私達運営スタッフ6人が3人対3人のチーム分けをし、前半戦・後半戦でディベートし、

    ご参加くださる皆様にはどちらのチームがより有意義だったかを前半後半、投票していただきます。

    チーム分けは既にしてあるのですが、
    それは、当日までのお楽しみとさせて頂きます。

    今回ディベートに臨むにあたり、私達6人、これまでの4年間での学びを改めて整理、分析をしています。

    【当日までの準備】もシェアさせて頂きます。
    6月7月 そもそもディベートとは、私達と相手3人の強み、弱みの把握、栃木県の介護・医療・福祉の現状をシェアしあう

    8月 栃木県の強み、弱みをリストアップと整理。介護・福祉・医療のそもそもの定義は?情報・データ収集。

    9月 問題点・現状分析と課題→理想像、Tochigi未来カフェの可能性。情報・データ収集。

    10月 想定される投げ掛けへの応酬話法
    ディベート訓練2対1ロープレ開始①お互いの癖を指摘

    11月 客観的データのラミレート作成、ディベート訓練2対1ロープレ②それぞれのパート役割分担

    12月 ディベート訓練2対1ロープレ③とにかく楽しむことを意

    1月 本番前最終調整(ロープレ、イメージトレーニング)

    【今回の着地点・結果】
    参加者の皆様には有意義な学びの場としていただき、敢えて、勝ち負けの勝敗を投票していただき、ご自身の意見をはっきり主張していただく場にご活用ください。

    皆様のご参加、お待ちしております!

    https://www.facebook.com/events/109846393092092/

  • Tochigi未来カフェ 11月通常会


    『耳の世界 覗いてみませんか?』

    【日時】 2017.11.18土曜日
    19時00分~21時30分(18時30分受付開始)

    【会場】宇都宮南図書館 会議室

    【参加費】1,000円

    【内容】今回のテーマは耳の世界。
    耳は音を聴くための器官です。
    音でコミュニケーションをとることの多い私たち人間にとってはとても大きな意味を持ますね。ヘレン・ケラーは一つだけ与えられるとしたらどの感覚を望みますかという質問に対し、聴覚を、と答えたというエピソードもあります

    そんな、耳の世界を様々な視点から考えてみませんか?

    「耳が聴こえる・聴こえないとは?」
    「高齢者や視覚障害者、耳が聴こえない人の気持とは?」
    ベテラン手話通訳者が語る「耳の世界」一緒に覗いてみませんか?
    (手話体験も予定)

    【プレゼンター】
    山本 敦子氏
    岡山県出身。中学時代をタイで暮らし、高校は鎌倉へ。宇都宮の短大在学中、障害者キャンプにボランティアとして参加。そこで聴覚障害者と出会ったことをキッカケに手話の魅力に引き込まれ栃木県登録手話通訳者に。平成16年から公共職業安定所の障害者窓口に勤務。「フットワークの軽いコーディネーター」がモットー。食いしん坊としても有名。

     

    FBページはこちら

    https://www.facebook.com/events/126521638060189/